Jiří Bareš / Czech

 

Jiří Bareš(イジー・バレシュ:チェコ共和国)1962年生れ。現代人形劇界の最高峰と評される“劇団DRAK”(ドラック ・ チェコ共和国)美術工房主任。教会彫刻の修復、制作などを専門に学び、ピアノの制作に携わったあと、ドラックの美術監督ペトル・マターセク(Petr Matasek)のもとを訪ねた。世界的に著名な演出監督ヨセフ・クロフタ(Josef Krofta)とペトルが組んで生み出した90年代の傑作の数々に登場する人形たちは、Barešの手によって現実のものとなったのである。 人形の生きざまをさえ感じさせてしまう、その鮮明で奥深いキャラクター描写とともに、ノミ跡を残す独特のタッチの木肌が感じさせる迫力や力強さは、まさに動く彫刻として見るものを圧倒する。
03年、東京国立近代美術館工芸館を皮切りに開催された全国巡回展「今日の人形芸術-想念の造形」に、内外の著名人形作家の作品とともに、バレシュの作品3点(カテジーナ、ブラージャ、歌う男)が展示され、話題を呼ぶ。

※写真をクリックすると大きな画像と仕様などが表示されます。
作品タイトルに「●」印のついた作品は売約済みです。
 
 
作品写真
パン セン
作品写真
リブシェ
作品写真
ヤコブ
作品写真
LADA
作品写真
グレゴリイ王子
作品写真
クルツィピスク
作品写真
メダルド
作品写真
王の物語(4点セット作品)

 

Jiří Bareš の旧作品(売約済み)を見る

※クリックすると旧サイトのページが新しいウィンドウで開きます。